牧田恵実

《青い鳥/blue bird》2018 油絵具、キャンバス/oil on canvas 1818×2590mm

《私の中にいるアニムスⅡ/animus in meⅡ》2011 油絵具、キャンバス/oil on canvas 727×910mm

《私のペット/my pet》2018 油絵具、石膏下地、綿麻、パネル/oil,plaster base,cotton hemp,panel 606×500mm

Past Works
過去の作品

《鉄女/Iron girl》写真/photo 協力:加藤博史/Cooperation:hiroshi kato 483×329mm《雌である私/I'm a bitch》2016 油絵具、キャンバス/oil on canvas 530×455mm
《犬(会田誠さんへのオマージュ)/dog(homage to makoto aida) 》2018 油絵具、石膏下地、綿麻、パネル/oil,plaster base,cotton hemp,panel 727×606mm《あなたの色気が欲しいの/ I want your sexually attractive》2016 ビデオ/Video 2分5秒/2min 5sec《憂鬱なまでに美しく/beautiful so as to be melancholy》2016 油絵具、キャンバス/oil on canvas 1120×1455mm
《GOLD SOUL》2015 油絵具、キャンバス/oil on canvas 1300×1620mm《渇き/thirst》2018 油絵具、石膏下地、綿麻、パネル/oil,plaster base,cotton hemp,panel 727×910mm《青春の傷/scars of youth》2018 油絵、キャンバス/oil on canvas 455×530mm
《魔女根/witch bulb》2016 油絵具、キャンバス/oil on canvas 410×318mm《色男華/a lady killer flower》2016 水彩、紙/watercolor on paper 270×195mm

Profile
プロフィール

牧田 恵実
Emi Makida

1991

・富山県に生まれる。


2010

・富山私立富山第一高等学校美術コース卒業。


2012

・学校法人金沢大原学園大原デザインカレッジ専門学校メディアイラストレーション科卒業。


[個展・二人展]

2011

・「牧田恵実展〜10代最後の集大成作品〜」
富山市役所公民館朝日公民館2階


2015

・「牧田恵実水墨画展」富山県南砺市(旧福光)にある法林寺温泉2階

・「牧田恵実展」北日本新聞ギャラリー(富山)

・「牧田恵実 リビドー展」Art Lab TOKYO


2016

・「牧田恵実展 へんたいですがなにか」Art Lab TOKYO


2017

・「高田望&牧田恵実二人展 ノスタルジア」gallery & cafe Venere

2018

・「ブレイクイク初夜〜次世代の変態芸術家たち〜 牧田恵実×川合喬太」ギャラリーソコソコ(神奈川)

・「第一回白鯨会展 牧田恵実個展」Art Lab TOKYO


[グループ展、アートフェア]

2016

・「花見展」Art Lab TOKYO

・「アートフェア東京」東京国際フォーラム

・「NEO春画展」Art Lab TOKYO

・「現在戦争画展」TAV GALLERY(東京)

・「Fragments2016」ギャラリー無量(富山)

・「Society」吾妻吟の自宅(東京)


2017

・「アート・バースデイ Art's Birthday−Action」Art Lab TOKYO

・「Aliceの世界展」乙画廊(大阪)

・「ちょっとな文化祭」初台 例の病院(東京)

・「永遠の幻想・美の幻影展」六本木ストライプハウスギャラリー(東京)

・「The Bazaar2017」ギャラリー無量 (富山)

・「Hanabi展」Art Lab TOKYO

・「幻獣神話展IV」東京交通会館 地下1階ゴールドサロン

・「髑髏の中の髑髏展」乙画廊(大阪)

・「パラノイア」ギャラリーソコソコ(神奈川)

・「第2回速星中美術部OB会美術展」ふれあい館(富山)

・「スナックGINZA展」銀座ミーツ・ギャラリー (東京)

・「ビエンナーレTOYAMA」富山県美術館

・「第三回Venere展」gallery & cafe Venere(富山)


2018

・「アート・バースデイ Art's Birthday−Action」Art Lab TOKYO

・「洋画Sparkling!-2018in庄川展」松村外次郎記念庄川美術館(富山)

・「美の波動2018」富山石川現代作家展 アートハウスおやべ(富山)

・「第3回速星中学校美術部OB会美術展」富山市婦中町ふれあい館

・「迷宮の悪夢」gallery fu(神奈川)

・「第5回幻獣神話展」東京交通会館 地下1階ゴールドサロン

・「Fragments2018」ギャラリー無量(富山)

・「アートフェア富山」富山市ガラス美術館

・「ラスプーチンとBol'sheviki」宇都宮 悠日(栃木)


2019

・「T.A.G. Exhibition~ The Spirit of TOYAMA Glass ~」
シンガポールのジャパン・クリエイティブ・センター(JCC)にて

・「バカート展」 眼科画廊(東京)

・「アートフェア東京」東京国際フォーラム

・「東京インディペンデント2019」(東京藝術大学陳列館)

・「洋画Sprkling!」 庄川美術館(富山)

・「第10回ねいの会美術展」 婦中ふれあい館(富山)

・「春爛漫・造形作家のコラボ展 ART in KAINYO-EN-MIKANDO」 みかん堂(富山)

・「6月Venere展」 gallery & cafe Venere(富山)

・「ビエンナーレTOYAMA2019」 富山県美術館

・「第4回速星中学校美術部OB会美術展」 婦中ふれあい館(富山)

・「ザ・バザール2019 in ギャラリー無量」(富山)

・「花火展」 Art Lab TOKYO

・「第6回幻獣神話展」東京交通会館 地下1階ゴールドサロン

・「T.A.G.アートアワード」 富山ガラス美術館


 2020

・「ブレイク前夜展」GINZA SIX 5F Artglorieux GALLERY(東京)

・「洋画Sprkling!」 庄川美術館(富山)

・「Fragments2020」ギャラリー無量 (富山)


2021

・「nuranura展2021」Art Lab TOKYO(東京)

・「洋画Sprkling!」 庄川美術館(富山)

・「ビエンナーレTOYAMA2021」富山県美術館


2022

・「洋画Sprkling!」 庄川美術館(富山)

・「nuranura展2022」Art Lab TOKYO(東京)


[受賞歴]

2011

・「第66回富山県美術展」にて 洋画部門 『自己嫌悪』大賞受賞

 

2013

・「GEISAI#18」にて『郷愁のバオバブ』リキテックス賞受賞


2014

・「第9回美の祭典越中アートフェスタ」にて 平面の部門『未来のバオバブ』 大賞受賞


2018

・「アートフェア富山」アートアワードにて平面・立体部門『郷愁のバオバブ』 グランプリ受賞


1991

・Born in Toyama Prefecture, Japan


2011

・Emi Makida Solo Exhibition "Masterpieces from My Late Teenage Years",

・Toyama City Office Asahi Community Center


2012

・Graduated from O-HARA Gakuen College of Design


2015

・Emi Makida Ink Painting Solo Exhibition,

・Horinji-Onsen in Nanto City (previously Fukumitsu-machi), (Toyama)

・Emi Makida Solo Exhibition, Kitanippon Shimbun Gallery (Toyama)

・Emi Makida Solo Exhibition "Libido", Art Lab TOKYO (Tokyo)


2016

・"hanami" Exhibition, Art Lab TOKYO

・Neo Shunga Exhibition, Art Lab TOKYO

・ART FAIR TOKYO, Tokyo International Forum

・Current War Painting Exhibition, TAV GALLERY

・Emi Makida Solo Exhibition "So What If I’m Perverted?", Art Lab TOKYO

・"Society", the private residence of Gin Agatuma (Tokyo)


2017

・The World of Alice: <alice maniac> EXHIBITION, Oto Gallery (Osaka)

・"A Little School Festival", a hospital in Hatsudai (Tokyo)

・"Eternal Illusion/Aesthetic Vision" Exhibition, Roppongi Striped House Gallery

・"hanabi" Exhibition, Art Lab TOKYO

・The Exhibition of Mythological Beasts IV, Tokyo Kitsu Kaikan

・Biennale TOYAMA, Toyama Prefectural Museum of Art and Design


2018

・Art's Birthday—Action, Art Lab TOKYO

・Yōga Sparkling! — 2018 in Shogawa —, (Toyama)

・Shogawa Memorial Museum of Sotojiro Matsumura

・Art Fair Toyama 2018 Art Awards, Grand Prix

・Undulation of Art 2018: The Exhibition of Contemporary Artists in Toyama and

・Ishikawa, Art House Oyabe (Toyama)

・"Rasputin and Bol'sheviki" Exhibition, Utsunomiya Gallery Yujitsu (Tochigi)

・"Bureikuiku Shoya" Exhibition, Yokohama Chinatown Gallery SOCOSOCO (Kanagawa)

・Emi Makida Solo Exhibition "The 1st Hakugeikai Exhibition", Art Lab TOKYO

・Art Fair Toyama 2018 Art Award, Grand prix


2019​

・「T.A.G. Exhibition~ The Spirit of TOYAMA Glass ~」(JCC) in Singapore

・"Bakart Exhibition" Gankagarou (Tokyo)

・"Art Fair Tokyo" Tokyo International Forum

・"Tokyo Independent 2019" (Tokyo University of the Arts Chinretsukan)

・"Western  Sprkling!" Shogawa Museum of Art (Toyama)

・"10th Neinokai Art Exhibition" Fuchu Fureaikan (Toyama)

・"Spring is in full bloom./ Sculptor Artist Collaboration Exhibition ART in KAINYO-EN-MIKANDO (Toyama)

・"June Venere Exhibition" gallery & cafe Venere (Toyama)

・Biennale TOYAMA2019, Toyama Prefectural Museum of Art and Design

・The 4th Hayahoshi Junior high school OBkai art exhibition,Fuchu Fureaikan(Toyama)

・The bazzaar 2019 in Gallery MURYOW(Toyama)

・'Hanabi'exhibition Tokyo Fireworks Show, Art Lab TOKYO

・The 6th Mythical Beast Mythology Exhibition, Goldsalon,KotsukaikanB1(Tokyo)


2020

・"Bureiku zenya Exhibition" GINZA SIX 5F  Artglorieux GALLERY, Tokyo

・Solo exhibition "Inten" Gallery Coffee Zaroff(Tokyo)

・"Western painting Sprkling!" Shogawa Museum of Art( Toyama)

・"Fragments2020" Gallery Muryow (Toyama)


2021

・"nuranura Exhibition 2021" Art Lab TOKYO (Tokyo)

・"Western painting Sprkling!" Shogawa Museum of Art( Toyama) 

・"Biennale TOYAMA 2021" Toyama Prefectural Museum of Art


 2022 

・"Western painting Sprkling!" Shogawa Museum of Art( Toyama) 

・"nuranura Exhibition 2022" Art Lab TOKYO (Tokyo)

News
お知らせ

2022年6月11日~

洋画Sparkling!-2022 in 庄川展-

洋画スパークリング!
2022年、初夏の緑が輝き庄川湖畔を照らす季節、庄川美術館では創造性豊かに活躍を続けている富山県在住の洋画家73名の新作、近作を一堂に展示する展覧会を開催します。庄川の水面のように煌めく富山の洋画の世界をお楽しみください。


松村外次郎記念庄川美術館

〒932-0305

富山県砺波市庄川町金屋1066

会期:2022年6月11日(土)~7月10日(日)

開館時間:午前9時~午後6時(入館は午後5時まで)

休館日:6月14日(火)、6月21日(火)、6月28日(火)、7月5日(火)

2022年7月9日~

ザ⭐️アトランティス展

アトランティス展

アトランティス展2

 横浜を拠点とする3ギャラリーの合同企画展

(アートコネクト横浜、ギャラリー清水との合同開催となります。  )


 60年代から70年代にかけて一気に広がったUFO、UMAのブームはやがて超能力や魔術、秘密結社とそれにまつわる陰謀論などへと広がり79年に創刊された雑誌ムーの登場によりどこか普遍的なものになったように思われます。 おそらくはですが50年代から60年代にはいりようやく戦前戦後の困窮の時代から解放された人々の願望やそれまであまり触れられなかった南方や海外への興味から世界ビックリ人間とか世界の秘境のような特集がテレビや雑誌で組まれるようになり往時の少年漫画ではUFOや宇宙人、ヒマラヤの雪男やネッシーなどの特集が毎週のように記載されていました。 子供達は妄想しそこからまたあらたな怪談や、都市伝説までもが生まれやがてその一端がSFやファンタジーというジャンルの隆盛をも下支えしたように思えます。 それでも当時でさえ大半が眉唾で妄想めいた情報であり殆どの人々はあるべき日常の中でそれを娯楽として享受していました。 それは同時に指向性への多様化でもあり私達はそのファジーさを楽しんでいたのです。 勿論特にUFO関連などは国家的陰謀と捉え熱心に活動する人達もいましたがそれでもそれを根拠に他者を排撃する事はありませんでした。 この不可解な事象そのものをその不可解さ故に敢えて詳しく解析する事もなく神話のように鷹揚に捉え曖昧なままにその事象として認識していくというのはこういった要件についてはとても大切なことではないかと思うのです。 ですが昨今はその陰謀論が一人歩きし多くの人や社会を傷つける結果に繋がっています。 勝手に信じて個人として思い込むのはその人の自由ですがそれを他者に押し付けその人の権利や自由さらに言えば健康や生命を阻害する事はあってはならない事なのです。 それがコロナ禍により分断が進み些細な事で攻撃し合う世界になってしまったように思えます。 表現に関わるものとして多様な価値観を相互に認め他者を尊重する事はとても大切な要件と考えます。 ザ⭐️アトランティス展はここに来て更に深刻化する分断化がこれ以上我々を線引きさせない為にもあらゆる不可解を取り込み咀嚼し堂々と展示しそのありようを問い直します。 それは遂に始まってしまった戦争への危機感でもありそれがこの国の有り様をかつての戦時へと引き戻させない為の布石でもあるのです。  


横浜中華街ギャラリーソコソコ

 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町81-6  

7月9日から18日まで

午後12時から午後7時まで


ギャラリーソコソコでの参加作家 

(寺嶋真里さんはアートコネクト横浜での展示になります。)

 阿部光太郎 大石容子 太田翔 さちこ 寺嶋真里 T. T.Angie 未明 NeQro 林美登利 雛菜雛子 牧田恵実 真子 マンタム 森園みるく

Request
ご相談

絵画のご購入につきましては、こちらのホームページから最新の情報をご確認ください。

また、絵画制作のご依頼は以下のお問い合わせフォームからお願いいたします。なお、お問い合わせの際はメッセージ欄に電話番号を記載してください。


Purchase paintings Please check the latest information on this website.

Please use the inquiry form below to make a painting request.

In addition, please include the telephone number in the message field when making inquiries.

Contact
お問い合わせ